Projects

想定している5つのプロジェクト

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

参画する自治体それぞれが集中的に取組みたいテーマを据え、本プロジェクト上で官民プロジェクトを設置し、令和3年度から開始。現時点で参画自治体・企業から提案がある5つのプロジェクトを紹介します。

2025大阪・関西万博「日本の自然のショーケース」実現プロジェクト

自治体・民間企業

同万博は、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとし、会場にはグリーンワールドの設置も予定
本プロジェクトに賛同する自治体・民間企業会員により、各都道府県・地域の美しい景観・自然を紹介し「日本の自然のショーケース」を実現し、日本の各地域を代表するような自然・日本発の先進的環境技術等をアピール。さらには地方への送客や自然・環境教育を実践する。

Green Recovery プロジェクト

民間企業・大学想定・行政

出典:https://www.wwf.or.jp/activities/data/20200522_climate_Yamagishi.pdf

環境問題課題解決に強い関心を持つ民間企業との連携のもと、産学官連携でのイノベーティブな技術開発(R&D)及び社会実装により、コロナ禍からの経済回復と脱炭素社会実現を同時に行う。
日本版「Green Recovery Alliance」(欧州における、欧州議会+企業CEO+市民社会が一体となった運動、以下参照)として強力に推進。

Go Green プロジェクト

観光関連事業者想定

自然に触れ、学ぶ「豊かな自然と共生する、新たなライフスタイルに適した観光」の推進

One Greenプロジェクト

国民総参加事業想定

企業や学校等との協働による植樹、都市緑化の推進

National Park プロジェクト

関係機関と連携した国立・国定公園等における保護と利用の推進

日本が世界に誇るべき傑出した自然の景勝地である国立・国定公園の魅力・価値を、世界に発信し、持続可能な観光を推進することで、観光立国・地方創生の推進を図る。
国立・国定公園の自然の魅力・価値を、都市部を含めたより多く人々・子どもたちに伝え、日本の守るべき緑を次世代へ継承していくべく活動。